協会のあゆみ


沿革


戦 前  

井草町大森商会に事務所を置き活動

1947年 

足利美術協会結成 福田喜一、福田章吾、三村登四郎、相場英五郎、

原田五郎、丸山雄三、名取 寛、赤羽泰造、内山保五郎等、会員35名


1967年

第1回公募展開催(市民対象)以降毎年実施(市民会館別館にて)


1990年

足利市民文化賞を団体として受賞


1998年 

丸山雄三氏死去、美協存続を誓う、第32回公募展並遺作展(出品数37)


1999年~2002年 

第33回~36回公募展 出品数53、88、91、103と増加


2003年

公募展賞を検討改善、第37回公募展出品数110点、76名参加 作品の向上


2004年 

第38回公募展130点、87名の盛会


2005年~2012年 

第39回公募展~第46回公募展に至っている

大作(規定100号以下)も増え盛会に推移している


2013年

栃木県文化振興功労優良団体として表彰を受ける


2015年

会長・荻原信幸が足利市民文化賞を受賞する

想   S100    荻原信幸

2016年

第50回記念 足利美術協会公募展を開催


2019年

第53回 足利美術協会公募展を開催


2020年

第54回 足利美術協会公募展は、新型コロナウイルス感染症の拡大につき、拡散防止のため、開催を中止する